​行政グループ

   行政グループは、地域で活動するNPOや有志による日本語教室などの子ども支援グループと学校や行政がつながるための活動をしています。

   2019年には、多言語環境にある子ども達の受け入れ方法について、子ども達の日本語・母語支援、学習支援のために活動している日本各地のグループ、学校や行政機関*を対象にアンケート調査ならびに現地調査(ヒアリング)を行い、その結果をまとめました。

   今後も、こうした調査や分析を進め、それらを元に、みなさんで意見交換・情報交換をする場を作っていきたいと思います。ご関心がある方は一緒に活動をしてみませんか。

 

* 本調査における「行政機関」とは、「国の中央省庁やその関連団体,都道府県・市区町村の地方公共団体

   (教育委員会を含む)ならびに国際交流協会などの関連団体」を指します。

​活動報告

​啓発グループ

 啓発グループには「母子手帳」と「啓発パンフレット」の2つのプロジェクトがあります。多言語環境の子どもの保護者、保育者、教育者、支援者等を対象に、母語の重要性についての啓発を目指しています。2021年度よりこれまでの「広報グループ」から「啓発グループ」に名称を変えて、新しい「啓発パンフレット作成」に取り組みます。参加を希望される方、あるいは質問のある方、また新しいテーマの取り組みに挑戦されたい方は、BMCN事務局までお知らせください。

​活動報告