2022BMCN
年次大会

Luscious Palm Leaves

多言語環境で育つ子どもの教育を考える

2022年10月22日(土曜日)& 23日(日曜日)
ー日本時間ー

オンライン開催(ZOOM会議システム)

​参加費:無料

大会参加申し込み開始:8月下旬(予定)

2021BMCN年次大会アーカイブはこちら⇛


アーカイブの閲覧には個人会員の登録が必要です。

​プログラム

(土)

10.22

2022

Leaves
Leaves
​9:00-9:15     開会の挨拶・趣旨説明 中島和子 (BMCN会長)
​セッション1

​基調講演

  

  9:15-11:00 

   「バイリンガル教育理論とトランスランゲージング教育学― 

     言語政策と教育実践への示唆」

     Bilingual Education Theories and Translanguaging

     Pedagogy: Implications for Language Policies and

     Instruction

講演者:ジム・カミンズ 博士 (トロント大学名誉教授) 

質疑応答 (同時通訳有)

​セッション3発表応募フォーム

【問い合わせ】

  BMCN年次大会実行委員会 セッション3担当:嶽肩(たけがた)・拝野(はいの)

  実行委員会アドレス:bmcn.taikai@gmail.com

​セッション2

​パネルディスカッション

11:30-13:00 特別課題

        「『在外教育施設における教育に関する振興法』(2022)

   と今後の施策に向けて」

         日本語教育推進法」(2019)に加えて、本年6月に「在外教育

   施設における教育の振興に関する法律」(2022)が国会で承認

   された。 政策立案者を交えて、多言語環境で育つ子供を守る法

         制化について考える。

                    

    パネリスト(交渉中)

​セッション3

実践・研究報告(公募発表)

​13:30-16:00

   「海外・国内における多言語環境で育つ子どもの教育 (母語/

          継承語教育、日本語教育など言語のみならず文化や教科学や、

          政策などを含む)」に関わる実践や研究

    

            

今年度の年次大会では、上記のテーマで、会員のみなさまに実践報告をしていただく機会を設けます。発表応募受付期間は7月1日〜8月31日(日本時間)です。ふるってご応募ください。

​セッション3応募要項

(日)

10.23

2022

Leaves
​セッション4

9:00-11:00 継承日本語教育実践ワークショップ 

         「プロジェクト型言語学習のアプローチ:

   原理と実践」」   

 講師:ダグラス昌子(カリフォルニア州立大学      

 ロングビーチ校名誉教授)

11:00-11:05 閉会の挨拶:桶谷仁美(大会実行委員長)

            

​年次大会参加お申し込み

         

                         多くの皆様のご参加を心よりお待ちしております。

​大会参加申し込み開始:8月下旬(予定)

お問い合わせ

  • 年次大会に関すること 

  Email:bmcn.taikai@gmail.com 

  • その他BMCNに関すること

  Email: bmkodomonet@gmail.com (事務局)

 

2022BMCN年次大会実行委員

  桶谷仁美(実行委員長)・嶽肩志江(副実行委員長)・高橋悦子(財務)・ダグラス昌子(テック)・武田知子(テック)・

      拝野寿美子(分科会)・鈴木庸子(事務局)澁川晶(事務局)

leave.jpg
leave.jpg